コスメビューティーメイク女子力自分磨き

脱パンダ目!原因・予防対策・対処法を徹底追及!

アイメイクをしているなら、経験した事がある「パンダ目」。トイレに行き、鏡に映る自分を見て「えっ!こんなひどい顔になってたの!?」って驚きませんでしたか?自分が驚くぐらいですから、他人も気付いているはず。そう思うと…。恥ずかしくて、ゾッとしますよね。そんな思いをしない為に、原因と予防策〜対処法をしっかり追及します。

なぜ?パンダ目になってしまう3つの原因とは?

image by iStockphoto

涙も流していないのに…目の下にインライナーも入れてないのに…なぜ、パンダ目になってしまうの?目元の化粧崩れは、疲労感満載に見えてしまいがち。なんとかしたいですよね。まずは、何が原因でパンダ目になってしまうのか探っていきましょう。

1.目元の余分な油分

パンダ目になってしまう最も大きな原因が油分。もちろん、汗・涙の水分も崩れ1つの原因。しかし、汗も涙も流していない時でも目元のメイクが崩れてしまう事がありますよね。それが油分の仕業。

Tゾーンと違って目元の油分と言われても、ピンとこないと思います。目元の油分とは、スキンケア後のクリーム等の油分。化粧崩れを防ぐ為に、ファンデーションの前に軽くティッシュで余分な油分をオフしますよね。目元の乾燥防止で、しっかりとスキンケアをされている方は、余分な油分が残ってしまっています。その油分を残したままアイメイクをしてしまう事が、時間と共にパンダ目に変身させてしまう原因!

2.目のかたち・まぶたのタイプ

瞼のタイプによってもアイメイクの崩れ方に違いがあります。

最もパンダ目になりやすいのが一重まぶた。上まぶたの皮膚に厚みがある一重は、まつ毛にも触れやすく、下まぶたにも触れやすいためアイメイクが目の周りについてしまうから。また、涙袋が大きいタイプも上まぶたが触れる為、下まぶたにメイクが滲みやすい

二重や奥二重も、二重幅の皮膚が重なる部分でアイメイクの崩れが生じます。二重は、二重線の溝にアイメイクが溜まりやすく、奥二重は特に目頭側が崩れやすい。

ポイントメイクとして目を大きくみせる事だけでなく、崩れを防ぐ為に目元の特徴に合わせたメイク方法を取り入れる事も必要。

3.使用コスメアイテム

パンダ目にならない様にメイク方法を万全にしても、使用するアイテムによっては崩れやすいものもあります。

アイメイクで最もパンダ目になってしまいやすいのが、アイライン。アイラインが滲んでしまう原因は、やはり油分。特にオイリー肌の方は、夏になると目元に皮脂が出やすくなり、下まぶたにアイラインが付きやすくなっています。この様な状態で、ペンシルタイプのアイライナーを使用すると更に崩れやすくなる原因に。なぜならペンシルタイプのアイライナーは、他の種類のアイライナーに比べ油分が多いから。

マスカラもウォータープルーフタイプでなければ、やはり崩れやすくパンダ目になりやすい。アイシャドウもクリームシャドウを使うと、二重ラインの溝にたまりやすくなると言った様に、使用するコスメによってはパンダ目になる要因になってしまいます。

パンダ目予防策4選

image by iStockphoto

パンダ目になる原因を3つ挙げました。”目のかたち”や”まぶたのタイプ”と言われると、為す術もないのでは…。と、不安になりますよね。でも、大丈夫。原因に対してできる事があります!いつものメイクに、少しの手間とコスメ選びのちょっとした知識があれば、夕方になってもキレイなままでいられる可能性大。

1.油分を残さない

目元の油分が、パンダ目の原因とお伝えしました。気をつけるポイントは、アイメイクの前に余分な油分残さない事。

ベースメイクで気をつける事は、ファンデーションは薄く塗り、目元は塗り残しがない様に目のキワまでしっかり塗ってあげる事。リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは油分が多いので、特に薄く塗る事を意識しましょう。

そして、まつ毛や目のキワに残りがちな余計な油分は、綿棒を使用して拭き取る事。最後にフェイスパウダーをのせ、油分と水分をしっかりおさえベタつきのない状態に仕上げる事が大切。

2.目の特徴に合わせたメイク術

メイクは、魅せたい自分になる様にアイシャドウやチークの入れ方を変えますよね。また、本来の自分の顔の形、眉毛の形をカバーしたりもします。それと同様に、目元の特徴を考慮したアイラインの入れ方でメイク崩れも予防が可能。

下向きのまつ毛がが多い一重まぶた。ビューラーでまつ毛をあげる事を忘れずに!まぶたとまつ毛が触れる事がなくなり、パンダ目予防になります。一重タイプのアイライナー細く目尻を長めに引いてあげる。まつげの間を埋める様に埋めていき、目尻から3〜5ミリ程度長めに引いてあげましょう。

二重・奥二重タイプは、目頭から引かず目尻側から半分(黒目から目尻)だけを引く。目頭部分を避けてアイラインを引く為、皮膚が重なる部分のアイラインの滲みを予防できます。また、奥二重タイプは目尻にのみ入れるアイラインを少し太めに入れてあげると、インパクトのある仕上がりになるのでおすすめ。

涙袋があるタイプのアイラインの引き方は、まつげの隙間を埋めるより、目のキワから1ミリだけ離した部分に引いてあげる事がポイント。

次のページを読む
1 2
Share: