アイデア・コツライフスタイル出産収納・片付け子育て暮らしの工夫・知恵

ヒントは幼稚園にあった!子供が一人で「身支度・お片付け」ができるようになる収納術

お子さんが幼稚園や保育園にあがると、朝の身支度や園から帰ってきた時のお片付けを、お子さん一人でできるようになってほしい!と願うママも少なくないのではないでしょうか。ですが、カバン・帽子・制服・ハンカチ・・・など、幼稚園グッズはなにかとアイテム数が多く、お子さん一人では身支度やお片付けが上手くいかないことも多いかと思います。そこでこの記事では、幼稚園に通う1児の母でもある筆者が、幼稚園の収納を参考にして、お子さんが一人でも上手に身支度やお片付けができるような収納術をご紹介していきたいと思います。悩めるママの少しでもお役に立てれば嬉しいです!

◆お片付けや身支度は『判断力』と『自立心』を育てます!

image by iStockphoto

毎朝の身支度や園から帰宅後のお片付け、あなたはお子さんに任せていますか?お子さんが小さなうちは、もちろんママがお手伝いしてあげる必要があると思います。ですがある程度の年齢になったら、お子さん一人で行ってもらうことも大切なんです。

お子さんが自分で持ち物の準備ができるようになるということは、自分に必要なものを選び取る『判断力』を身につけることができたということ。また、自分のことを自分でするということは『自立心』を養うことにも繋がっていきます。どちらとも、将来社会に出てからとっても必要な力ですよね?毎日の身支度やお片付けを通して、幼いうちから身につけておけるといいですね。

◆子供がひとりでできないのは『収納』に問題があるかもしれません!

image by iStockphoto

何度言っても、お子さんが一人で身支度やお片付けができないという場合は、お子さんが使っている収納に問題があるのかもしれません。というのも、幼稚園に通う筆者の息子も、以前は身支度もお片付けも一人でできませんでした。筆者が毎朝何度言っても自分ではできず、結局時間がなくなってしまい筆者が手伝ってあげるというお決まりのパターン・・・。この先、小学生になってやっていけるのかと心配していたんです。

ところが、保育参観で幼稚園を訪れた時、息子が一人でおもちゃやお道具をお片付けしている姿を見てびっくり!さらに、先生のひと声で、次に使うお道具なども迷うことなく自分で用意することができていたのです。これには本当に驚きました。

そこでよく見ると、幼稚園では小さな子供でも自分で準備やお片付けができるように、収納に色々な工夫がされていました。「なるほど!」と感心する所がたくさんあったんです。そこで筆者も、さっそくそれをマネして自宅の収納を見直し!幼稚園と同じスタイルにすることで、今まで一人でできなかった息子も、一人で身支度やお片付けができるようになりました。あなたのお子さんも筆者の息子と同じように、収納を見直すことで一人で身支度やお片付けができるようになるかもしれませんよ?

◆幼稚園グッズ専用の収納コーナーを作ろう!

image by iStockphoto

まずはご自宅に『幼稚園グッズ専用の収納コーナー』を作りましょう。絵本やおもちゃなどと幼稚園グッズを分けて収納することで、『どれが幼稚園で使うものなのか』ということを、お子さんにしっかり意識させることができます。

収納コーナーは、お子さん向けの専用ラックも販売されていますが、カラーボックスなどを使ってDIYするのが今のトレンド。ホームセンターやニトリのカラーボックスを使った収納アレンジが、ブログやインスタなどのSNSにたくさん投稿されていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お子さんと相談して、毎日の身支度やお片付けが楽しくできるような、オリジナルの収納コーナーを作ってみてください!

◆幼稚園グッズ専用の収納コーナーを作る場所はどこがいい?

image by iStockphoto

お子さんの幼稚園グッズ専用の収納コーナーは、お家のどんな場所に作ったらいいと思いますか?筆者がおすすめする場所は『キッチン』と『玄関』の2か所!よくありがちな『リビング』と『子供部屋』は、ある理由からあまりおすすめできません。どうしてその場所を選んだのか、詳しい理由をご説明していきます。

おすすめな場所1. ママが家事をしながら見守れるからおすすめ!『キッチン』

image by iStockphoto

朝に家事をしていると、「ママ~」とお子さんに呼ばれることってよくありますよね?それは子供が一人で身支度をしている時も同じ。ママが忙しい時に限って「これで合ってる?」などと呼ばれてしまって、家事を中断しなければならないこともよくあります。

そこで思いついたのが、キッチンに収納コーナーを作ってしまうという方法です。ママが家事をしているキッチンなら、「ママ見て~!」となった時でも、家事をしながらすぐに対応することができます。身支度の途中でぼーっとしている時なども声かけできますし、忘れ物や間違ったことをしている時なども、すぐに気付いてあげることができますよ。

また、心配性のお子さんなどは、一人での身支度に慣れないうちは不安もあると思うんです。そんな時も、ママが近くで見守ってくれていれば安心できるのではないでしょうか。

おすすめな場所2. 出入りで必ず通る場所だからおすすめ!『玄関』

image by iStockphoto

幼稚園へ行く時も、幼稚園から帰ってきた時も、必ず通る場所が『玄関』。必ず通る場所だからこそ、玄関にお子さんの収納コーナーを作るのもおすすめです。朝は出発の時間になったら、玄関で幼稚園の準備をして、そのまま幼稚園に出発!幼稚園から帰ってきた時も、まずは玄関でお片付けをしてからお部屋に入るという、一連の流れを作ることができますよ。

また万が一忘れ物をしてしまっても、玄関に収納があれば、靴を脱いでお部屋の中まで上がる必要がないので便利だったりもします。ただ、お客さんが来た時には目に付く場所なので、いつも整理整頓を心がけて、散らからないようにしておきましょうね。

NGな場所 子供の気が散りやすい場所だから『リビング』『子供部屋』

image by iStockphoto

子供のおもちゃやテレビなどがある『リビング』と『子供部屋』は、子供の興味をそそるモノが多く、とても気が散りやすい場所です。筆者の息子もリビングに収納コーナーがあった頃は、洋服を1枚着るたびに絵本をめくったり、おもちゃに夢中になってしまって身支度が中断してしまうことがよくありました。その度に「幼稚園の準備して~!」とよく声をかけていたのですが、その時は準備をはじめても、またすぐに他のモノに気を取られてしまって、集中して身支度をすることができませんでした。

ですが収納コーナーをキッチンに移動したことで、テレビやおもちゃなどが子供の目に触れないので、身支度に集中することができるように!毎朝「準備して~!」「早くして~!」とお子さんに言うのにウンザリしている、そこのあなた!何度も何度も注意するよりも、収納環境を変える方が早いかもしれませんよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: