アイデア・コツライフスタイル暮らしの工夫・知恵

ゴミ箱が臭い!消臭剤以外のおすすめ解決方法10選

ゴミ箱が臭いと、解決方法として真っ先に思いつくのが消臭剤の使用です。しかし、強烈なニオイを放つゴミ箱では、消臭剤を使っても間に合わないような気がするのではないでしょうか。そこで今回は、消臭剤以外でゴミ箱の悪臭を解決する方法をご紹介いたします。ゴミ箱の臭いから真の解放を願っているみなさん、ぜひご参考ください。

ゴミ箱が臭いため、ママ友がイヤそうな顔をしたお話

image by iStockphoto

4年前のある日、次男のママ友が我が家に遊びに来たことがありました。しかし、そのママ友はキッチンに置いてあった台所用のゴミ箱の存在に顔をひどくしかめてしまったのです。なぜかと言うと、我が家のゴミ箱が強烈な悪臭を放っていたから。

わかっていたんです、キッチンのゴミ箱が臭いことを。たまに、コバエも飛んでいました。しかし、当時住んでいたのはとある地方の田舎の賃貸物件。コバエだけでなく、ありとあらゆる種類の虫が室内を闊歩していたために、私もあきらめモードだったのです。

もちろん消臭剤も試しましたが、ゴミ箱の臭いは末期だったようで、どうにもなりませんでした。当時の我が家は、快適な空間とは本当に無縁。ママ友の顔を見て、「ちゃんと悪臭対策をしないと!」と決意させられた出来事でありました。

現在は違う県に転勤で引っ越して心機一転!臭いゴミ箱になってしまわないように、対策は万全に行っています。快適な空間をキープできているからか、誰が来てもイヤな顔をするひとは皆無。では早速、私の行っている解決方法をご覧ください。

その1 水気のあるモノはビニール袋に入れてから捨てる

image by iStockphoto

個人的に、最もおすすめするゴミ箱のニオイ解決方法です。主にキッチンのゴミ箱に対するものになりますが、悪臭のほとんどは水分のあるところから発するもの。原因は、水気を含んだ生ごみに雑菌が繁殖することによる悪臭です。

そのため、水気を含んだ野菜クズなどの生ごみはビニール袋に入れて、口を縛って密封してからゴミ箱に投入すれば臭いニオイを防げます。使用するビニール袋は、たくさん入っていて安価なものでOK。

我が家は、21cm×35cmでマチが4cmのビニール袋を購入しています。ちなみに、価格は100枚入りで130円ほど。水気を含むもの、ニオイがきついものは、とにかくこまめに包んで捨てるようにしています。

ひと月に100~200枚近く使っているせいか、本当にキッチンは快適!「ビニール袋に入れてから捨てるなんてしてなかった」というひとは、今日からでもぜひ実行してみてくださいね。

その2 ゴミ箱は日陰に置く

臭いゴミ箱にしたくないなら、ゴミ箱の設置場所を日陰にすることも大切です。ゴミ箱から臭いニオイが漂ってしまうのは、水気を含む生ゴミのせいだけではありません。陽の当たる場所に置いておけば、ゴミ箱内の温度が上昇して発酵したようになってしまいます。

そうなれば、たとえビニール袋で口を縛っていても、多少の悪臭が漏れ出てしまうことは想像に難くないのです。キッチンのゴミ箱はもちろん、トイレのサニタリーボックス、洗面所や個室のゴミ箱も同じように日陰にセットしておけばイヤな臭いの発生を抑えることができると言えるでしょう。

 

その3 ニオイの出やすいモノはゴミの日の前日に食べる

image by iStockphoto

アレコレと臭いゴミ箱対策を行っても、やはりニオイの出やすい食品があるものです。そういったメニューは、ゴミの日の前日に持ってくるのがおすすめ!

例えば、焼き魚。グリルや網で、旬の魚を焼いて食べれば至福のひとときを過ごせることでしょう。しかし、焼き魚は骨や皮、内臓、頭やしっぽなど、どうしても生ごみが発生してしまうメニュー。

まさに、食べ終わってからが地獄といえるでしょう。また、血流を良くしたり、食欲を増進したりと良い効果だらけであるのにニオイが強すぎるニラのような食材も、ゴミ捨て日の前日に調理して食すのが安心。

どれだけ身が震えるような悪臭を発しても、翌日の朝にゴミとして回収してもらえば、ゴミ箱内に臭いニオイが染み付いてしまうことも防ぐことができるのです。

その4 隙間なくゴミ袋をセットする

臭いゴミ箱になってしまうのは、ごみを投入したときにゴミ箱とゴミ袋の間にできたスキマに入り込んでしまうことも原因です。ゴミ捨ての日にゴミ袋を取り出したら、ゴミ箱の底に食品ごみがあったり、水気がたまっていたりしてビックリしたひとも多いはず。

こういったスキマから入り込むごみは時間が経過すれば、腐敗したり、カビとなってゴミ箱に生息したりしてしまいます。これらから発生する臭いにおいを防ぐためにも、新しいゴミ袋をセットするときは隙間ができてしまわないように気をつけることが得策です。

その5 ふたに汚れがついたら拭き掃除をする

image by iStockphoto

張り切って料理をした週や、断捨離や大掃除をした日、子供のお友達が大勢やってきた日などのゴミ箱は、ごみがあふれてパンパン!とくに、キッチンのゴミ箱なら、生ごみが閉じたふたの裏に接触してしまうことも珍しくはないでしょう。

ふたの裏に付着するこのような汚れも、臭いゴミ箱に変身してしまう原因です。ごみを投入するときに、ふたについた汚れを見つけたらこまめに拭き取っておくようにしましょう。放っておけば、悪臭どころかカビが生えて不衛生な見た目になってしまいますよ。

その6 キッチン以外のゴミ箱に食品ごみを捨てない

臭いゴミ箱化を防ぐには、同居する家族の協力も欠かせません。夫や子供たちのお部屋から、スナック菓子やジュース、アルコールの缶といったゴミが出てきたことはないでしょうか?

我が家の子供たちは仲が良すぎて、休日前や休日の夜に決まって“お菓子パーティー&ゲーム大会”を始めてしまいます。楽しい時間を過ごすのは結構なのですが、問題は翌日の朝に子供部屋を訪れるとゴミ箱があふれてしまっていることです。

夫も同じく、たまにですがお酒のつまみにスナック菓子を自室で食べてくつろいでいることが…。私が巡回に行って気づかなければ、食品ごみが突っ込まれたゴミ箱は臭いニオイの発生源!

「お菓子やジュースのゴミは、絶対に台所のゴミ箱に捨ててね!」と、クギを刺しています。とにかく、ニオイを発しやすい食品ごみのありかは要注意ですね。

次のページを読む
1 2
Share: