ビジネスマナーマナー礼儀作法

【友人宅・ビジネス…】TPOで使い分け!手土産に関するマナーをチェック!

大人になるとさまざまな場面で手土産を用意することがありますよね。友人宅に遊びに行く際や、仕事上でのあいさつ・お詫びの場面でも必ず何かしら持参するものです。どこかへ伺う際は手土産を持って行くのが社会人としてのマナーといえますが、シーン別に渡し方などを使い分けるべきものでもあるんですよ。今回は知っているようで知らない、手土産についてのマナーを詳しく解説してまいりますよ。

友人宅を訪問する場合は?

image by iStockphoto

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、例え友人の家であっても、他所様のお宅へ伺う際は手土産を持参するのが大人のマナー。おもてなしをしてくださるわけですから、手ぶらで行っては申し訳ないですよね。お土産の品を用意するにあたって一番多いケースですし、まずは友人・知人宅にお邪魔する時の手土産に関するポイントを確認しておきましょう。

渡すタイミングはいつ?

友人宅にて手土産を渡すなら、会ってすぐ~席に着くまでがベストタイミング。着席後はゆっくりお喋りを楽しみたいでしょうし、お相手がお茶などの用意に入る前に渡しておく方がバタつかずに良いですよね。もちろんその時の雰囲気などもありますから、話を遮るような形ではなく、自然な流れで差し出せるように気をつけてください。

もし友人夫婦に会うという時は、お二人が揃ったタイミングでお渡しすると良いでしょう。しかし、どちらかが後から参加する、という場合には、最初にお会いした方にお渡しする形で問題ないですよ。

袋は必要かどうか尋ねる!

遊びに行かせてもらう場合、そこまで手土産はご自身で持って行くことになりますね。ビニール袋や紙袋に入っているかと思いますが、手土産を渡すならば袋から取り出し、手土産の品本体のみお渡ししましょう。持ってきた袋のまま渡すと、不要な場合それがそのままゴミになるわけですから、お相手にとって負担となる可能性があるためです。しかし、お洒落な紙袋であったりするとそのまま使いまわせますから、そういった場合「袋は要る?」と尋ねてさしあげると良いですね。

のし紙はかけなくてOK

贈り物の基本といえば「のし紙」ですが、友人・知人宅に伺う際の手土産には必要ありません。先ほど少し触れましたが、包装紙などは最終的にお相手宅のゴミとなってしまうので、不要にゴミを増やしてしまっては申し訳ないですよね。またお菓子類であればその場で一緒に食べることも多いでしょうから、過剰な包装はかえって手間となってしまいます。遊びに行く時の手土産に、うっかりのし紙をかけてしまわないよう覚えておいてくださいね。

手土産選びのコツは?

誰かに贈るものであるならば、お相手の好みに合わせた手土産選びをすべきといえますね。ご友人ということであれば、その方の好きなものが分かるかと思いますが、その他にも例えば以下のような視点から手土産を考えてみてはいかがでしょうか?

・コーヒー派or紅茶派orお酒?

・相手宅でご飯をご馳走になるかどうか

・近く長期不在にされる予定を聞いているか

コーヒーまたは紅茶好きか、それともお酒をよく飲むのかが分かっていれば、それに合わせてお菓子やおつまみを選ぶこともできますよね。一般的には手土産は個包装タイプが選ばれますが、一緒にご飯を食べる予定で伺うのであれば、デザート用にその場で切り分けが必要なものでもOKでしょう。もし近々旅行などに行くということを知っていれば、日持ちのする手土産にすると安心ですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: